なかにしりく

ギター1本でどこへでも行くボヘミアン型シンガーソングライター。 まるで映画のように目の前の風景を一変させてしまう音楽世界。 ほろ苦く甘いビタースウィートな楽曲を、耳馴染みの良いハスキーな声と繊細なファルセットを織り交ぜて歌い上げる。 

2010年~2013年に〈なかにしりくトリオ。〉のボーカルとしてキャリアをスタート。2枚のアルバムをリリースし、『RISING SUN ROCK FESTIVAL』『oto to tabi』などのフェスに出演。

2014年から本格的にソロ活動を開始。これまでに3枚のアルバムをリリースしており、2018年には「ほっとニュース北海道」のエンディングテーマを担当。2019年、札幌コンサートホールKitaraでのワンマンライブを最後に上京。

現在は東京と札幌の2拠点活動を行っており、今年4月から「ほっとニュース北海道」で始まった新コーナー「ローカルフレンズ滞在記」のテーマ曲を制作。今回は、らいらいながまさ(Keyboard)、山崎 響(Woodbass)とのアコースティックトリオ編成で出演。